ワンフロ_ロゴ.psd

「活性水」でお花をお手入れ・・・
だから長持ち、だからイキイキお花を綺麗に、より長く楽しんでいただけるようにと心がけております。

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |



ワン フローリスト
京都市上京区今出川通堀川東入ル飛鳥井町271
TEL: 075-441-2436

セラピー.psd

花のパワー

花の「気」がもたらす効果
人間の健康のもとは「気」に有ると言われます。
「気」は目には見えませんが生命力そのものと言っても良く、
元気な人ほど、その「気」が程よい形で保たれています。
花や、樹木もまたそれと同じように「気」によって生育し、生命を保っています。
人の「気」が不足したり、逆に「気」が必要以上に体内に取り込まれた時、
花の色や香から「気」を補ったりコントロールして健康を回復させるのがフラワーセラピーです。
良く似た例が「森林浴」で、樹木から伝わる清らかな「気」が
人間の心と体に活気と安らぎを与えます。
花の香や色は人間の嗅覚や視覚を刺戟して
体の奥深い部分に作用し、体の細胞や感覚、精神にまで様々な影響を与えます
陰と陽の「気」
「気」には陽と陰があり、健康状態のいいときは双方のバランスがとれているときです。
華やかな色の花、暖色系の色の花、大胆なはな、香の強い花は「陽の気」を多く持ち
淡い色の花、寒色系の花、小柄な花は「陰の気」が強いと言われます。
気分が優れず落ち込んだりした時は元気の出る「陽の花」を、
逆に興奮したり、イライラして落ちつかない時は心が静まる「陰の花」を飾ると心身のバランスが
保たれます。
部屋にお花を飾る時は、見た目の美しさや形だけでなく部屋を使用する人の年代や性別、気質
体調、そして部屋の用途なども考えながら考えながら生けると同じ花でも家族の健康維持に
より役立ちます。

花と効力

★バラ
バラの持つ気高い香と「気」は生命力を高め、老化現象を防ぎ、更年期障害にも効果がある
★梅
ほんのりした甘い香が神経をりらっくすさせ、心身の疲労を取り除く
★パンジー
黄色のものは体温を温め食欲を増し、紫は気力や精力の衰えをカバーし若さを保つ
★マーガレット
解熱、解毒作用が有り高ぶった気持ちを静め、動悸や息切れをなくす
★ポピー
赤色は交感神経の働きを良くし活動的に。
黄色は胃腸の働きを活発に。
白は咳きを鎮める効果が。
★ユリ
強い香はホルモンの分泌を促し体のだるさを解消。
特に白は神経を安定させストレスを和らげる。
★ガーベラ
赤色は体を温め、血行を良くし黄色とオレンジは胃腸の働きを活発にし、
低血圧の人におすすめ。
★チューリップ
赤色は心身に刺激を与え血行をよくし、頭痛やめまい、早朝眠気の取れない
低血圧の人に効果が有る。
★カーネーション
白、ピンクは解熱、解毒効果が有り、目の充血や関節の痛みを和らげる。
★ヒマワリ
大きな黄色い花がもたらすエネルギーは、暑さで体調を崩したり、バテ気味の時活力を。
★桔梗
根は古くから漢方薬として痰きりや咳き止めに。
花の持つ「気」も気管支炎や喘息等の咳、のどの痛みを和らげる。
★コスモス
見た目よりたくましい生命力を持ち、夏の疲れや食欲不振を振り払ってくれる。
★菊
白い花は体にたまった熱や毒を取り除き頭痛、めまいを和らげ、心の高ぶりを鎮める
★シクラメン
寒い時期、この花の持つ華やかな「気」は心を和ませ、晴れやかにしてくれる
★水仙
清らかに咲く姿は眺めるだけで心が落ち着き、すっきりした香には鎮静作用が有る
★デンファレ
甘い香は高ぶった神経を落ち着かせ、ストレスも解消。
特にピンクは肺に良く、気管支の弱い人に

◆参考資料
                       「こころと体に効くフラワーセラピー」 片桐義子監修

フラワーリスト

アレンジメント

AR1202 4,200円 高さ25㎝×幅25㎝×奥行20㎝.JPGAR1202 4,200円 高さ25㎝×幅25㎝×奥行20㎝.JPG

ブライダル

BB1203 31,500円~.JPGBB1203 31,500円~.JPG

鉢物

PR1203 10,500円.JPGPR1203 10,500円.JPG

スタンド花

ST1204 10,500円.JPGST1204 10,500円.JPG

装花

ST1203 50,250円.JPGST1203 50,250円.JPG

DN015.psd
セラピー_s.psd
GW118_72A.psd
注文方法S.jpg

店舗情報:
ワンフローリスト

住所:京都市上京区今出川通堀川東入ル
飛鳥井町271
TEL:075-441-2436
mitorizu.gif

GoogleMapLinkIcon

head_logo.gif